ロジクールトラックボールm575とm570tの違いは?bluetooth接続で快適レビュー★

10年ぶりに最新型が発売された、ロジクールのワイヤレスマウス「トラックボールERGO M575」を買いました!

旧型のm570・m570tと迷ったけど、bluetooth対応なのとカラーがホワイトもあるのが決め手です★

実際に使った様子をレビューしますね。

また、私が迷った大人気のロジクールトラックボールm570tとの違いも比較してみました!

ロジクールの最新ワイヤレスマウス「トラックボールERGO M575」を使った感想レビュー

10年ぶりに刷新されたロジクールのワイヤレストラックボールが、↓こちらのERGO M575です。

私は発売される前(予約段階)に注文しておきましたが、ロジクール公式サイトでは2020年11月現在売り切れで、お取り寄せ注文となってます。

リニューアルした部分や特徴を紹介していきますね!

基本情報
本体サイズ:高さ48mm×幅100 mm×奥行き134mm

 

本体の重さ:145g

 

価格(定価):6,050円(税込)

 

カラー展開:オフホワイトM575OW・グラファイトM575GR・ブラックM575S

 

梱包内容:本体、USBレシーバー、単三形乾電池1本、クイックスタートガイド(英語・イラスト入り)、保証書

ロジクール「トラックボールERGO M575」を女性が使ったサイズ感

ロジクールERGO M575は、色々な手のサイズにフィットするように設計・開発された形状です。

確かに、一見すると大きく見えるんですが、女性の一般的な大きさの手でも「大きすぎて使いにくい」とは感じません。

ポイントは、手のひらを【上から乗せる】ことだと思います。

私はパソコンデスクが少し高いのか、今までのトラックボールじゃないマウスの癖か、手のひらを【手前に添える】ようにしてしまうんです。

そうすると、「ページを進む」を操作できるボタンのところに人差し指が届かなくなってしまうんです(>_<)

なので、手のひらを【上から乗せる】ようにすれば、男性でも女性でもそんなに違和感なく使えるんじゃないかな?と思います。

ロジクール「トラックボールERGO M575」コントール加減

私はトラックボールを使うのが初めてだったので、使いこなせるか不安でした。

でも、1時間ほど使っただけで自由にカーソルを思う場所へ動かすことができるようになり、スクロールも問題なし!

すごく動きが良くてスムーズですが、一気に滑り(転がり)すぎてしまう感じもなく、他のと比較ができませんが「ちょうど良い」です。

トラックボールの省スペースに感激!

トラックボールでカーソルを移動させるということは、マウスそのものを動かす必要がないということなんですよね。

このことをあまり意識してなかったですが、よくマウスを軽く持ち上げて場所を移動させていた私は、この使いやすさに感激でした。

キーボードの横などがあまりスペース無い場合でも使えるし、周りの物にぶつける心配もないので良いですね。

ロジクール「トラックボールERGO M575」のbluetooth接続は簡単

M575を使うためには2通りの接続方法があります。

付属されてるUSBレシーバーをパソコンに差し込むか、Bluetooth機能を使って接続するか…です。

私はBluetooth搭載のウィンドウズ10を使っていますが、↓この方法で簡単に使用可能になりました。

1.【Bluetoothデバイスの追加】をクリック

 

2.【+Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する】をクリック

 

3.一番上の【Bluetooth】を選択

 

4.【ERGO M575】が表示されるので【接続】で完了

ちなみに、電池の残量が表示されるのも助かるなと思いました(^^)

ロジクールトラックボールm575とm570tの違いを比較

私は購入前、ロジクールのトラックボールマウスのうち、どちらにするかとても悩みました。

・ERGO M575

・M570(M570tも同じ仕様)

違いを比較して新製品のM575に決めたので、その時に気になったポイントをご紹介します。

色の違い

旧製品のM570は、カラー展開はブラックのみです。

しかし、新製品のM575はブラックの他に、私の購入したオフホワイトと、グラファイトの3種類から選べます。

家電やパソコン周りをホワイトで統一している人は、ホワイトが選べるのは嬉しいですね♪

ちなみに、M575のオフホワイトとグラファイトは定価6,050円で2年保証つき、ブラックは1年保証のため値段が少し安いです。

本体サイズや付属品などは、ブラックもまったく一緒ですよ。

サイズの違い

M575の本体サイズ:高さ48mm×幅100 mm×奥行き134mm

 

M570の本体サイズ:高さ45mm×幅95 mm×奥行き145mm

私は以前「女性がトラックボール使うならM570一択!」とお勧めされたことがあります。

トラックボールの中でも、ロジクールのM570が女性の小さめな手でも馴染みやすいとのことでした。

新製品のM575は、ほんの数ミリずつとはいえM570より大きくなっていたので、かなり迷いましたね。

でも、先ほども書きましたが手のひらを【上から乗せる】ようにすると、女性の標準サイズの手でも特別使いにくくはありません。

新製品M575はBluetooth接続が可能

一番の大きな違い&決め手は、M575はBluetoothでの接続が可能になったことでした。

M570は、付属している専用のUnifyingレシーバーをUSBポートに繋いで接続することになります。

とっても簡単で便利なのですが、USBポートを1個占領してしまうんですよね(^^;)

私は有線のキーボードやWEBカメラを使用しているので、USBポートの数に余裕がありません(苦笑)

しかし、新製品のM575では、従来のUnifyingレシーバーを使った接続以外に、Bluetooth機能を使っての接続も可能になったんです!

このおかげで、USBポートを1つ開ける必要がなくなったので、とても助かってます。

電池寿命が長持ちになった

新製品のM575は、単三乾電池1本の使用目安が24か月です。

これに対して、旧製品のM570では使用目安が18か月だったので、半年も寿命が長くなったことになります。

あくまで目安ですが、少しでも電力の消費が抑えられているのは有難いです。

スクロールホイールに傾斜がついた

これは購入前には見落としてたことですが(笑)

新製品のM575は、スクロールホイール(上下にクルクルする部分)にも傾斜がつけられています。

一方、旧製品のM570は、全体的な形は右肩下がりに傾斜がついてるものの、スクロールホイールは平らだったのですね。

私は中指でくるくると操作してますが、常にピッタリフィットしていて、とても使い心地が良いですよ♪

ロジクールトラックボールm575の到着後レビュー

本体の箱に写っている写真は、購入したのと同じカラーみたいです。

段ボールの中に、厚紙に包まれたマウスがぴったりサイズで収まってます。

写真右側のは保証書です。

なんと!本体を包んでいる厚紙の裏側が、パソコンとの接続方法の説明書きというエコなものでした(笑)

裏側はこんな感じで、電池カバーから飛び出た白い紙を引っ張ると、電池が通電されます。

付属のUnifyingレシーバーも電池カバー内に一緒に収納できるのは、紛失する心配が無くて良いですね(*^^)v

ロジクールトラックボールm575とm570tの違いは?bluetooth接続で快適レビュー★

旧製品のM570の方が値段が安いのと、サイズが少し小ぶりということで、購入前はとても悩みました。

でも、Bluetooth対応になって、トラックボールの動きもとても滑らかで使いやすく、新製品M575を買って大満足です!

オフホワイトの本体と、ラメのように輝くブルーの色合いもとても綺麗です。

トラックボールを初めて使う方にも、ロジクールERGO M575は心からお勧めできます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)