パルスオキシメーター値段の違いや血圧計との違いは?安物は精度が悪いの?

新型コロナウイルスの感染拡大で「パルスオキシメーター」を初めて知った方は多いと思います。

パルスオキシメーターは、値段も測定方法も色々なタイプがあるんです!

パルスオキシメーターの金額が高いのと安いの、何が違うんだろう…

安物は精度が悪いのかな…

日本製の方がいいのかな…

など、パルスオキシメーターの選び方で迷っている方のために、簡単にポイントをまとめたので参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

パルスオキシメーターの値段の違いはなに?

パルスオキシメーターの価格の差には、↓これらの内容が影響しています。

当てはまるものが多いほど、値段は高めの傾向にありますよ。

JISやISOなどの規格水準を満たしている

パルスオキシメーターの安全性や強度、測定の精度が、国際規格(ISO)や日本産業規格(JIS)の基準を満たしたものは、値段が高めです。

この基準を満たしているかは、「ISO80601-2-61」または「JIS T 80601-2-61」の適合品と書かれているかどうかで確認できます。

勘違いしがちなのが、この2つの規格を満たしていないから問題がある…というわけではありません。

別の第三者研究機関などで、同じような項目をしっかり検査しているパルスオキシメーターも存在しますよ。

保証期間が長い

パルスオキシメーターは精密機器なので、家電製品などと同じく、無償修理してもらえる保証期間などが設けられています。

この保証期間は1年のものをよく見かけますが、3年と長いものもあり、その分値段が高い傾向にあります。

自分で直せるものではないからこそ、保証期間と一緒に保証内容もチェックしておくと安心ですね。

日本製か外国製(中国製など)か

コニカミノルタ・オムロン・日本精密測器など、日本企業が製造・販売しているパルスオキシメーターは値段が高めです。

外国製だけど日本語の説明書が付属されているものや、中国製だけど日本国内で検査が行われている…というようなものもあります。

スマホやタブレットを使って管理することができる

Bluetooth内蔵で、測定値をスマホやタブレットに記録・管理できるタイプも販売されています。

無料の専用アプリが用意されたパルスオキシメーターも発売されました。

長期的に使用して、数値の変化などをチェックしたい人には便利ですね。

液晶画面が色々な方向に切り替えられる

パルスオキシメーターには、計測した数値を表示する液晶画面がついています。

この液晶画面が固定されているものだと、逆側から見た時に数値が逆さまになってしまうなど見にくいんですね。

自分で数値をチェックするのなら支障はありませんが、寝たきりの方や小さい子供など、自分とは別の人に使用する場合に使いにくさを感じるかもしれません。

そのため、この液晶画面を4方向に切り替えられたり、ボタン1つで数値の向きを変えられるものも人気があります。

LEDや有機ELディスプレイを使っている

測定値をみる液晶画面が、より見やすいのはLEDや有機ELディスプレイタイプです。

日中に明るいところで測定する場合は支障ないですが、寝ている時に測定するなどの事情がある場合は、暗めの部屋でも見やすい工夫がされたものを選ぶと良いですね。

バックライトの有る無しや、数字の大きさも見やすさに影響してくるので、比べてみると良いですね。

バッテリー充電機能がついている

パルスオキシメーター、乾電池を使用する小さなタイプが主流でしたが、最近はバッテリー充電タイプも多く販売されてます。

電池切れを心配することなくいつでも使える安心感もありますよね。

使用する電池も、ボタン電池から乾電池まで異なるので、よく家庭で使うことが多い電池のものを選ぶのもオススメです。

小児用インナーアジャスターが付属している

小さな子供・赤ちゃんは指が細いので、測定のときにうまく測れないことがあります。

でも、インナーアジャスターが付属しているタイプなら、本体に取り付けることで細い指でも測定することができるようになります。

赤ちゃんのうちは難しいかもしれませんが、一番太さのある親指に取り付ければ、大人用のものでも子供が測定しやすいですよ。

持ち運び用のポーチやストラップ、カバーなどが付属している

パルスオキシメーターは小さいので存在感があまり無いですが、うっかりテーブルから落としてしまう…なんてことは避けたいですよね。

精密機器なので使用できなくなってしまう可能性もあるし、液晶画面が傷ついてしまうこともあります。

そこで、首から掛けられるような専用ストラップ付のものや、収納用ポーチが付属しているものも多く販売されています。

パルスオキシメーターの安物は精度が悪いの?

パルスオキシメーターは2万円~3万円くらいの値段が主流だったんですが、今はもっと安い値段のものも販売されるようになってきました。

5,000円以下の手ごろな値段で買えるものも、たくさん売られていて、安すぎて逆に不安になりますよね(^^;

中には「指をはめても動かなかった」とか「数値が定まってくれない」という口コミが多いものも…

そのため、値段が安いものは特に、実際に購入・使ってみた人の口コミをチェックしてからの購入がオススメです!

なお、使用するパルスオキシメーターによって、測定値に差が出てしまうことは珍しくありません。

そのときの周りの気温などによっても、変動することもあります。

日常的に同じパルスオキシメーターで測定を続けることで、いつもと違う変化に気づくことができますよ。

スポンサードリンク

パルスオキシメーターと血圧計の違いは何?

パルスオキシメーターで測定することができるのは、動脈血中の酸素飽和度(SpO2)脈拍数です。

私の周りにも勘違いしている人がいたのですが、パルスオキシメーターでは血圧は測ることができません。

より詳しく身体の状態を知りたい方は、パルスオキシメーターとは別に血圧計の購入も検討すると良いですね。

パルスオキシメーターで血圧測れるものもある?

医療用として販売されている製品には、パルスオキシメーター付きの電子血圧計もあります。

血中酸素飽和度・脈拍数・血圧を測定できる、多項目モニタ「パルフィス」もその1つです。

ただし、医療関係者向けの製品となっていて、家庭用として販売されているものではありません。

家庭用の血圧計は手ごろな値段で買えるので、パルスオキシメーターと別に用意するのが、選択肢も多くてオススメですよ。

スポンサードリンク

パルスオキシメーター値段の違いや血圧計との違いは?安物は精度が悪いの?-まとめ

喘息・肺炎などで肺にダメージを受けていないか、気づくきっかけになるかもしれないパルスオキシメーター。

家庭用として手頃な値段で買うこともできますが、「医家向け医療機器」なので、測定値のもつ意味については医療専門家に判断してもらってくださいね。

光触媒技術が、特定のウイルスに対して感染力抑制効果があると確認された、カルテックの↓携帯用空気清浄機もよく売れています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)