スマートウォッチで血中酸素濃度測れる仕組みと人気7選!体温計代わりにも★

血中酸素濃度はパルスオキシメーターで測ることができますが、スマートウォッチにも同じ機能がついたものが販売されてます。

スマートウォッチで血中酸素濃度が測定できる仕組みって、気になりますよね。

どのように血中酸素濃度を測るのか、血中酸素濃度&体温が測れるスマートウォッチで人気のものをご紹介します。

スマートウォッチの血中酸素濃度の仕組みと測定方法 精度は?

血中酸素濃度を測定するパルスオキシメーターは、指を挟むようにして計測するのが一般的です。

このとき、指先に異なる波長の2種類の光を「透過」させることで、動脈血酸素飽和度や脈拍数を計測しています。

 

スマートウォッチは腕時計なので、パルスオキシメーターのように透過させるのが難しい仕様です。

そこで、手首に接する側(画面の裏側)に取り付けられたセンサーから出る光の「反射」によって、計測する仕組みになります。

スマートウォッチで測った血中酸素濃度の精度は?

スマートウォッチはあくまで【時計】であって、医療機器ではありません。

血中酸素濃度をはじめ、血圧など測定した値は、個人的に参考にするのみで、病気を診断したり監視に使うことはできません。

また、体温・血流など測定するときの環境や状況が影響することもあれば、肌の色によって影響を受けることもあります。

毎日使用や測定を続けることで、普段の自分の健康状態を知ることができて、変化があったときに気づくきっかけになるかもしれませんね。

スマートウォッチで血中酸素濃度が測れる日本製はある?

日本の時計メーカーはセイコー・シチズンなどたくさんありますが、スマートウォッチを取り扱っているメーカーは残念ながら少ないです。

2021年2月現在だと、日本メーカーのSONYとCASIOから↓このようなスマートウォッチが発売されています。

★SONY Wena(ウェナ)

★CASIO SmartOutdoorWatch(スマートアウトドアウォッチ)

しかし、SONYとCASIOどちらのスマートウォッチも、血中酸素濃度を測定する機能はついていません。

より多くの機能を求めるなら、日本製にこだわらず海外製をメインに探すことになります。

スマートウォッチで体温や血中酸素濃度を測れる人気7選

Fitbitフィットビットのスマートウォッチ

まずは、人気時計メーカー「Fitbit」から新発売されたSense(センス)です。

フィットビットのスマートウォッチを愛用していて、新シリーズが発売されると買い替える…という人も多いんですよ★

ストレス状態や睡眠スコアなど、健康的な身体づくりに活かせる機能が充実しています。

血中酸素濃度を測る仕組みは備わっているのですが、現時点で日本国内では、睡眠時の変化をグラフ化して見られるものの、数値で表示はされません。

本体カラーはブラックとルナホワイトの2色で、無駄のないシンプルなデザインは男女どちらにも合いますね。

↓同じくFitbitの「Varsa3(バーサ3)」も、同じような機能が搭載されています。

Amazfit GTS 2 mini

人気スマートウォッチブランド「AMAZFIT(アマズフィット)」からも、血中酸素濃度を測定できるスマートウォッチが販売されてます。

「GTS 2 mini」はシンプル&コンパクトなデザインで、バンド部分を除くとたったの19.5gという軽さ!

女性向けの健康管理機能から、ストレスモニタリングなど、たくさんの機能が搭載しています。

バンド部分のカラーがは、ブラック・ピンク・グリーンの3種類から選べますよ。

血中酸素濃度から生理周期記録まで機能充実のスマートウォッチ

 

楽天市場でレビュー数が6,000件を超えている、大人気のスマートウォッチです。

24時間体温監視機能や血圧・血中酸素測定機能など、機能はかなり充実しています。

1.4インチのIPSディスプレイが見やすく、操作も簡単だと高い評判です☆

女性向けの、生理周期管理機能もついているので、排卵日などをチェックするのにも役立ちますよ。

カラーバリエーションが7色から選べるので、好みに合わせて選びやすいですね。

スマートスポーツウォッチTB-TD28

 

機能も充実していて、値段も手ごろなスマートウォッチです。

40gと軽量なので、運動中に使用したい人や女性にも人気があります。

スマホに無料アプリを入れて数値を管理することができますが、歩数・血圧・心拍数・血中酸素飽和濃度は時計のみでも測定可能です。

本体カラーはブラックとピンクの2色展開で、家族分まとめて購入したという人も。

操作も簡単で、わかりやすいという口コミが多かったですよ♪

アナログ時計派におすすめ!多機能スマートウォッチ

 

こちらはアナログ時計派の方でも文字盤が見やすい、円型デザインのスマートウォッチです。

24時間体温測定機能をはじめ、血圧・血中酸素濃度まで測ることができます。

1.3インチの大画面なので、各種SNSの通知チェックなどもしやすいと評判です。

天気の確認、音楽再生などその他の機能も豊富ですよ。

バンド部分は、革とシリコン素材の2本が同梱されているので、使用シーンや好みに合わせて付け替えられます。

文字盤が大きくて見やすい&使いやすいスマートウォッチ

 

こちらは文字盤が四角形になっているタイプのスマートウォッチです。

更に大きな1.69インチの大画面なので、通知や計測値が見やすいだけでなく、スワイプ操作もしやすいのが魅力的☆

こちらも体温はもちろん、血圧・血中酸素濃度まで測ることができます。

バンドはピンク・ブルー・ブラックの3色付属しているので、コーディネートに合わせて付け替えることもできます。

20種類のスポーツに合わせたトレーニングモードもあり、機能はかなり充実しています。

体温・血圧・血中酸素濃度すべて測れる安いスマートウォッチ

 

楽天市場で大人気の細身ベルトタイプのスマートウォッチです。

体温や血圧が測定可能なのはもちろん、血中酸素濃度まで測ることができます。

3種類のスポーツモードで、運動メニューや体の様子を管理したい人にもぴったり☆

遠隔カメラ操作や携帯電話探し機能など、値段が安いにも関わらず、搭載機能はかなり多いです。

文字盤は2種類から選択しますが、どちらも見やすいシンプルなデザインですよ。

↓別の記事で、他にも人気のおすすめスマートウォッチをご紹介しているので、参考にどうぞ♪

スマートウォッチで血中酸素濃度測れる仕組みと人気7選!体温計代わりにも★-まとめ

スマートウォッチはどうやって血中酸素濃度を測るのか?と、人気の商品をご紹介しました。

病気の診断に使うことはできなくても、平熱を把握したり、普段と違う様子に気づくきっかけになるかもしれません。

また、スマホの通知を受信させたりと便利な機能がたくさんなので、スマートウォッチは1台持っておくと便利ですよ(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)