sirocaホームベーカリーshb512口コミレビュー 音うるさい?122と違いも比較★

シロカのホームベーカリーは、デザインがオシャレ&シンプルでとても人気です!

米粉パン・生食パン・糖質オフパン・甘酒など、ホームベーカリーで作れるメニューもどんどん増えてます☆

私の実家の母が使っているのは、1万円以下で買える安いお手頃価格の「sirocaホームベーカリー SHB-512」です。

「sirocaホームベーカリー SHB-512」の使い心地や動作音の正直なレビューや他の人の口コミ、似ている型番の「sirocaホームベーカリー SHB-122」との違いを紹介しますね(*^^)v

sirocaホームベーカリーshb512レビュー 音はうるさい?

↓こちらが「sirocaホームベーカリー SHB-512」です。

楽天市場でも数千件のレビューを獲得している大人気商品で、9,000円以下で買えちゃいます♪

たくさんのメーカーが出しているホームベーカリーの中で、何度も楽天市場ランキング1位を獲得してるんですよ~。

基本情報
本体サイズ:幅275×奥行350×高さ290mm

 

本体の重さ:約4.15kg

 

電源コードの長さ:約1.4m

 

消費電力:消費電力:ヒーター:500W /モーター:50W

 

本体色:ホワイト・ブラウン

 

付属品:計量カップ×1、計量スプーン×1、羽取り棒×1、ジャム用ふた×1、取扱説明書(保証書、レシピ)×1

私が「sirocaホームベーカリー SHB-512」の気に入ってるポイントや、使ってみた感想やちょっと残念なデメリットも、正直に書いていきますね。

簡単に美味しい食パンが作れる

実家の父母は食パンや菓子パンを毎朝食べるのが日課なのですが、「ちょっと足りないけど買うの忘れちゃった…」ということがたまにあるようで。

でも、わざわざ買いに行くのがめんどくさいし、知人に相談したところホームベーカリーを使っているとのことだったので、自分で焼こうと考えたのがきっかけでした。

翌日の朝に食パンを食べたい時には、夜にセッティングしておいてタイマーで焼き上がりの時間を調整してます。

とても簡単に食パンができて、買ってよかったと大満足の様子ですよ(^^)

ちなみに、食パンは最大2斤まで一度に焼くことができるので、家族が多い方や手土産にするのにも便利です。

食パンだけでなくピザ生地やお餅も作れる

「sirocaホームベーカリー SHB-512」は、14種類のメニューが搭載されていて、色々な料理・生地をつくることができます。

・食パン

 

・全粒粉パン

 

・米粉パン

 

・ごはんパン

 

・ジャム

 

・生キャラメル

 

・ピザ生地

 

・お餅    など

オリジナルレシピブックも付属してるので、ホームベーカリーデビューの人でも安心です♪

デザインはおしゃれだけど少し圧迫感も…

「sirocaホームベーカリー SHB-512」は白とブラウンの2色展開です。

家には白い家電製品が多いのと、清潔感があるので白に決めたので、雰囲気に違和感がなく気に入ってます♪

ただ、少し存在感があるので、使わない時は棚にしまっておいて、必要なときだけ出しているようです。

重量感もありますが、本体の中で生地を捏ねたりするには、ある程度の安定感も必要なんでしょうね。

でも、持ち手がついているので棚から出す・動かす時には無理なくできますよ。

日焼けや汚れが気になりそうな人は、ブラウンもスタイリッシュな感じがしていいですよね。

音は大きめでうるさく感じるかも?

他のホームベーカリーはわかりませんが、「sirocaホームベーカリー SHB-512」の動作音(こねる時)の音はやや大きめです。

冬場は窓を閉め切っているので夜中でも気にせず使ってますが、夏場で窓を開けたまま使うと、隣の家にも聞こえてしまうかも…

出来上がるまでに通常5~6時間かかるので、心配な方は逆算して夕方に作り始めるのも良いかもしれません。

私の職場の先輩は、「ホームベーカリーは音がうるさいから、お風呂場(浴室内)にコンセントだけ引っ張って、軽くドアを閉じた状態で使ってる」と言ってました(^^;)

動作音はどうしようもないですが、マナーモードを選択すると、ボタンの操作音やお知らせのブザーを鳴らないようにすることができますよ☆

sirocaホームベーカリーshb512の口コミ評判をもっと見てみる!

実際に、我が実家と同じ「sirocaホームベーカリー SHB-512」を使っている人の口コミも、いくつかご紹介しますね。

仕上がりについての口コミ&食べた感想

・焼き上がりはふんわりモチモチとして、前まで使っていたホームベーカリーとは大違いでした。

・パン好きの家族なので2~3日に1回は作ってますが、夜仕込んで朝に出来立てを食べられるのは最高です!

・生キャラメルのレシピがあったので挑戦したところ、とても美味しく、めんどくさくなく作れてよかったです。

・焼き上がりが完璧なので家族にも好評で、すぐに焼いたパンが無くなってしまいます。

・全粒粉パンがもちもちに焼けて、ピザ生地も絶妙でした。楽過ぎていいのかなぁと思うくらいです。

使い勝手・操作や値段についての口コミ

・1万円以下の手頃な値段で、1.5斤や2斤も焼けるなんて大満足です。

・音が気になるという人が多いので古いタオルなどを敷いておいてますが、夜中に音で起きたりすることはありません。

・材料を入れてボタンを押すだけで本格的なパンが作れて、お手入れも簡単です。

悪い口コミ・気になること

・音の大きさは想像以上だったので、一軒家の方なら全く問題ないですが、アパートの方は気を付けた方が良いかもしれません。

・2斤まで作れるということは、大きさがあるのも当然ですね。ギリギリ収納できてよかったです。

引用:楽天市場みんなのレビュー

パン生地を作るまでの工程をホームベーカリーにお任せして、自分でアレンジしてオーブンで焼いているという方も♪

ホームベーカリーが初めての人でも簡単に扱いやすいので、初心者から買い替えまでたくさんの人に購入されてるということですね。

sirocaホームベーカリーshb512とshb122の違い比較★

「sirocaホームベーカリー SHB-512」と似ている型番の「sirocaホームベーカリー SHB-122」という商品もあります。

実は、今まで紹介してきた↓こちらのSHB-512は、シロカの公式サイトでは「販売を終了した商品」に区分けされてるんです(^^;)

そのため、楽天市場の各ショップでも在庫が無くなり次第、SHB-512は購入できなくなると思います。

SHB-512とSHB-122の大きな違いは、搭載メニューの数です。

SHB-512は搭載メニューが14個だったのが、SHB-122では17個に増えました!

・フランスパン風

・うどん、パスタ生地

・そば生地

・フレッシュバター

この4つのメニューが増えた一方で、生キャラメルのメニューは無くなってしまったようです(>_<)

また、サイズや重量はほとんど変わってませんが、SHB-122はホワイトのみの展開なので、ブラウンは作られていません。

値段は少しだけ、古いSHB-512の方が安くなっていますよ♪

sirocaホームベーカリーshb512口コミレビュー 音うるさい?122と違いも比較★-まとめ

ホームベーカリーで焼いたパンを食べてしまうと、普通のスーパーの食パンは買えないという人も多いです(^^;)

最新型の機種だと、甘酒が作れたり、生食パンが作れたり…と機能が充実してきますが、最低限の機能で良い方には「sirocaホームベーカリー SHB-512」オススメです!

↓こちらで、シロカのホームベーカリーの他の機種についても紹介しているので、メニューや機能の違いもぜひチェックしてみてくださいね(*^^)v
>>シロカホームベーカリー比較 おうちベーカリーsb1d151とsnb712snb122違いや口コミは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)